赤ちゃんに必要?0歳~1歳の幼児教育とは

「0歳、1歳の赤ちゃんのうちから教育って本当に必要なのかな?」
「芸能人はよく幼児教室に通わせてるけど、うちは詰め込み教育はしたくない!」

 

お気持ちよ~く分かります。
私も最初はそうでした^^

 

でも本を読んだり、ネットで調べたり、セミナーに参加したりして色々調べ行くうちに、「幼児教育って絶対必要なんだ!」と思うようになったんです。

 

 

もちろん、学校のテスト勉強のような知識を詰め込むタイプではなく、魅力的な人に成長する為の土台を作る『適宜教育』が大切です。

 

 

0歳1歳に必要な幼児教育

 

一般的に幼児教育というと、水泳・リトミック・お絵かき・英語・体操が人気ですよね。

 

それぞれ通わせる目的が違うので、各ご家庭の方針にあったお教室に通わせてあげれば良いと思うのですが、0歳~1歳の間って脳が急激に成長するので、できれば総合的に脳の発達をサポートしてあげられるような教育を受けさせてあげられると良いと思います。

 

 

水泳だけはどうしても別枠扱いになってしまいますが、その他であれば一般的な幼児教室で一通り体験する事ができるはず。

 

 

「色々なお教室の体験レッスンに通わせてみて、子どもが興味を持ったものを習わせる。」

 

というスタンスも子供の自主性を尊重して良いと思うのですが、将来才能を開花させる為に出来るだけたくさんの経験をさせてあげたいのが本音。

 

 

例えば

「喘息の気があるから、お医者さんに水泳を進められて・・・」

 

なんて場合は水泳+幼児教室に通わせてあげるのはどうでしょう?

 

 

以下、0歳・1歳のうちに経験させておきたいレッスン候補を書いておきます。

 

あいさつ

 礼儀正しく挨拶できる週間を身に着ける

呼び名

 名前を呼ばれて元気に返事をできるように

シャープアイ

 視野拡大、記憶力の向上、速読力の基礎を身に着ける

フラッシュカード

 脳の各領域を刺激し、ネットワークを育てる。認知能力が格段に高まる。

ベビーマッサージ

 親子の愛情を深めると共に、赤ちゃんの運動能力、臓器の健康も促進

体操

 身体の発達を促す

指先の体操

 第二の脳と言われる手指を刺激して、前頭葉前野の発育を促す。

お絵かき

 創造力を広げる

読み聞かせ

 本の好きな子に育てる、長い話も楽しめるようになる。

シール貼り

 手指の機能促進

歌唱

 大きい声で楽しく歌う事で、ドーパミン神経を発達させ向上心を育てる

GVトレーニング

 一瞬で記憶できる量を拡大する

運動

 筋力向上、平衡性、スピード感覚の発達させる

文字遊び

 文字に興味を抱かせ、読み習得の基礎をつくる

手遊び歌

 日本語や英語の童謡を通して、自然と語彙を増やす

運筆

 筆記用具の正しい持ち方を身につけ、運筆力を育てる

具体物操作

 大中小や長短などの形容的概念を深める

工作

 巧緻性、基礎概念、四季の風物の認知など総合的に能力を伸ばす。

 

 

どんなお教室でも各レッスンの説明はあると思いますが、「このレッスンはどんな目的があるのか?」

 

これをきちんと意識して子供に取り組ませるようしましょう。

 

 

意識しても目には見えないし、子どもにも伝わりませんが、親がしっかり認識しているのと、していないのでは雲泥の差があります。

 

幼児教育方法

 

特にご家庭でレッスンをする際は毎回確認してから行うようにしてあげて下さいね^^

 

 

私たち親子が通っていた幼児教室では上記の内容がほぼ網羅されてたし、「母親学講座」もあって子育ての悩みを相談できる場があったので、かなり助けられました。

 

体験レッスンでも今後の子育て方針や、不安に思っている事を相談できるのでオススメです。

 

⇒ 0歳~1歳にオススメの幼児教室

 

 

>>幼児教室!わが子を通わせたい人気口コミランキング TOPへ